ホーム > PharmaDoc 製品案内 > PharmaDoc Publisher

PharmaDoc Publisher

レンディションサーバー

PharmaDoc Generator

クライアント向け
レポートパブリッシングツール

PharmaDoc ClientPublisher

パブリッシングサーバー

PharmaDoc Publisher

共有レビューシステム

PharmaDoc AnnotationX

リーフファイル品質チェックツール

PharmaDoc LeafChecker

レビューツール

PharmaDoc Reviewer

eCTDサポートツール

PharmaDoc eCTDSupporters

マスキングツール

PharmaDoc Redact

メニューバーツール

PharmaDoc Quicker

PharmaDoc Publisher®は、
IB、Protocol、CSR、照会事項回答書を効率良くかつ高速に作成するレポートパブリッシングサーバーです。

次のような問題でお困りではありませんか?

  • IB、CSRのレポートパブリッシングの作成が煩雑でしかも時間がかかる。
  • 照会事項回答書の目次作成とページ番号の付番が煩雑で大変である。
プレゼン動画

  • ユーザーは次の2種類の方法で、パブリッシング実行が可能です。
    • 1.パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行
    • 2.VDを指定してのパブリッシング実行
      • ・レポートパブリッシングパターンを知らないユーザーでも、VDを指定するだけでパブリッシング実行が可能です。
  • 目次およびしおりのプレビュー機能により、レポートパブリッシング実行前に出来上がりのイメージの確認および編集が可能です。
  • パブリッシングの実行状況を実行一覧画面で確認することができます。
  • パブリッシング終了時にはパブリッシング結果をメールで通知します。
  • レポートパブリッシングエンジンをAdobe PDF Libraryに変更した為パブリッシングの高速化かつ複数のパブリッシングの同時実行を実現しました。
高速処理実現

・Veeva Vault(Veeva Systems社様製品)とPharmaDoc Publisherを連携しました。
 2018年4月には、PharmaDoc Publisherのクラウド運用サービス(注)を開始する予定です。
・ヘッダー/フッター設定におけるヘッダー/フッター領域指定機能を拡張しました。
 これにより、ヘッダー/フッターに長い文字列を設定した場合に
 従来は領域の境界で折り返されていましたが、一行で表示できるようにしました。
・目次ページ作成時、ヘッダー/フッター設定時に禁則処理を追加しました。
 
(注)クラウド運用サービスの主なサービス内容としましては、次の通りです。
・PharmaDoc Publisherのクラウド上での監視サービス
・PharmaDoc Publisherのバージョンアップ作業
・バックアップ作業
・OSのセキュリティパッチ適用作業等

提供する機能

レポートパブリッシングにより作成される目次

レポートパブリッシングにより作成される目次
レポートパブリッシングにより作成される目次

パブリッシング実行

1.パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行

ユーザーはきめ細かなパブリッシングパターンを指定してのパブリッシュ実行が可能です。

1.パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行
パブリッシング設定画面(出力先)

パブリッシングの「出力先」および「同名の文書があるとき」の登録方法の設定が可能です。

パブリッシング設定画面(出力先)
パブリッシング設定画面(製本・しおり)
パブリッシング設定画面(製本・しおり)
パブリッシング設定画面(目次作成)
パブリッシング設定画面(目次作成)
パブリッシング設定画面(ヘッダー/フッター設定)
パブリッシング設定画面(ヘッダー/フッター設定)
パブリッシング設定画面(ページサイズ変更)
パブリッシング設定画面(ページサイズ変更)
パブリッシング設定画面(PDFバージョン変更)
パブリッシング設定画面(PDFバージョン変更)
パブリッシング設定画面(Web最適化)
パブリッシング設定画面(Web最適化)
目次のプレビュー編集画面

パブリッシングの実行前に目次の出来上がりイメージの確認および編集が可能です。

目次のプレビュー編集画面
しおりのプレビュー編集画面

パブリッシングの実行前にしおりの出来上がりイメージの確認および編集が可能です。

しおりのプレビュー編集画面
パブリッシング実行ダイアログ

パブリッシングを実行すると、実行ダイアログが表示されます。ユーザーはパブリッシングの進捗状況を把握する事が可能です。

パブリッシング実行ダイアログ
2.VDを指定してのパブリッシング実行

サーバー側の管理メニューでパブリッシングパターンとVDとの事前設定を行っておくだけで、レポートパブリッシングパターンを知らないユーザーでも、VDを指定したパブリッシング実行が可能です。

管理メニュー画面
パブリッシング設定画面(出力先)
パブリッシングパターン設定画面(共通プロファイル設定)
パブリッシングパターン設定画面(共通プロファイル設定)
VDに対するパブリッシングパターン設定画面
VDに対するパブリッシングパターン設定画面
ヘッダー/フッター設定画面

サーバー側の管理メニューで、ヘッダー/フッターのテンプレートの作成が可能です。

ヘッダー/フッター設定画面

実行一覧画面

実行一覧画面
1.パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行
実行詳細画面

実行一覧の実行結果の「正常終了」リンクをクリックすると、パブリッシング実行詳細画面に遷移します。

1.パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行

バージョン 動作保証環境
PharmaDoc Publisher4.0 PharmaDoc Publisher Publishing Server 日本語版、英語版
・Windows Server 2012 R2
・Microsoft Office 2010、2013、2016
・Documentum Content Server 7.1、7.2
・D2 4.2、4.5
・Adobe PDF Library
・Microsoft .NET Framework 4.5以上
PharmaDoc Publisher Publishing Client 日本語版、英語版
・Windows7、Windows8.1、Windows10
・Microsoft .NET Framework 4.5以上

PharmaDoc Publisherには、日本語版と英語版があります。

※PharmaDoc Publisherは、プラネットファーマソリューションズ株式会社の登録商標です。
※記載の社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※Adobe PDF Libraryをご使用の際には、「Adobe PDF Library/Normalizer OEMサブライセンス契約条項」に準拠にしてご使用下さい。

このページの先頭へ▲