ホーム > ニュース

ニュース

ニュース一覧

2016年

2016/12/15 レビューツール PharmaDoc Reviewer5.3をリリースしました。
  • PDFレビューを実施しない時は、Reviewerのレビュー機能を無効にできるようにしました。
    Acrobat起動時のReviewer有効/無効ツールボタンの初期状態は、設定ファイルで制御します。
  • ShiftキーやCtrlキーを押した場合の処理が明瞭になるようツールチップで説明するようにしました。
  • ページ指定で行番号が埋め込めるようにしました。注釈のあるページのみ行番号を埋め込む事も可能です。
2016/12/01 レンディションサーバーPharmaDoc Generatorの年間基本サポートを締結していただいている製薬会社様、CRO様が20社になりました。厚く御礼を申し上げます。
2016/11/28 2017年02月06日-08日に、USAメリーランド州のBethesda North Marriott Hotel and Conference Centerで開催される
DIA主催のRegulatory Submissions, Information, and Document Management Forumに PharmaDoc製品を出展いたします。
Forumに出席されるご担当者様には、弊社ブースにお立ち寄りいただけると幸いです。
また、USAおよびEUの本社または支社でForumに出席されるご担当者様がいらっしゃいましたら、弊社ブースにお立ち寄りいただくようお知らせいただくと同時に、お手数ですが、深澤宛にご連絡いただけると幸いです。
2016/11/22 レポートパブリッシングサーバー PharmaDoc Publisher文書管理システムとの連携実績にD2との連携を掲載しました。
2016/10/01 レンディションサーバー PharmaDoc Generator ロードバランシング機能をオプションとして追加出来るバージョン3.7をリリースしました。
2016/10/01 共有レビューシステム PharmaDoc AnnotationX1.2をリリースしました。
  • コメント閲覧モード(コメントの追加、編集は行わず、参照のみの機能)を追加しました。
  • クリーンアップサービス(AnnotationX上の一時ファイルを定期的に削除する機能)を追加しました。
  • Windows10に対応しました。
2016/09/30 PharmaDoc製品の年間基本サポートを締結していただいている製薬会社様、CRO様が40社になりました。厚く御礼申し上げます。
2016/09/29 レンディションサーバー PharmaDoc Generatorの 文書管理システムとの連携実績 にD2との連携を追加しました。
2016/09/28 eCTD研究会のセレクト講座として、
PharmaDocハンズオンセミナー」を下記の要項で開催いたします。
PharmaDoc製品のユーザー様でもユーザーで無い方でもご出席は可能です。
お客様のPCにLeafCheckerとeCTDSupprotersとRedactをインストールできない場合にはレンタルPCを弊社で用意させていただきます。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
■大阪開催
日時:10月26日(水)午後1時ー午後5時
場所:ハービスPLAZA 5F貸会議室 第3会議室
http://www.herbis-kaigi.com/room/plaza_5f.html
定員:20名
■東京開催
日時:10月28日(金)午後1時ー午後5時
場所:エーザイ株式会社 Koishikawa Knowledge Center会議室
http://www.eisai.co.jp/company/headoffice.html
定員:25名
セミナー開催概要 セミナー目的
PharmaDoc製品をご利用いただく事で、eCTDのリーフファイル(PDF)の品質チェックおよびSubmission Ready化が簡単に行える事を体験していただきます
2016/08/11 eCTDサポートツール PharmaDoc eCTDSupporters3.1をリリースしました。
  • リンク飛び先確認画面を切り替えボタンで、リンク元とリンク先を上下表示画面から左右表示画面にもできるようにしました。
    左右表示画面により、リンク元のページ内の位置の確認が容易になりました。
  • しおりおよびリンクのインポート・エクスポートツールの出力をExcel形式での出力も可能にしました。
  • 目次ページに、飛び先付きのリンク枠を簡単に作成できる【目次リンク】機能を追加しました。
  • ページ上の文字色を簡単に変更できる【文字色変更】機能を追加しました。
  • ファイル実行(Launch)およびWebリンク(URI)のアクションのインポートおよびエクスポートをサポートしました。
2016/08/05 第6回PharmaDocユーザー会の発表資料をダウンロードサイトにアップしました。
エーザイ比留間様、日本たばこ産業橋口様、北里第一三共ワクチン藤波様のご好意により、発表資料をダウンロードサイトに追加しました。
2016/07/28 マスキングツール PharmaDoc Redact1.2 のページに 製品プレゼン動画を
アップロードしました。
2016/07/20 レポートパブリッシングサーバー PharmaDoc Publisher4.0のページに
製品プレゼン動画をアップロードしました。
パブリッシング実行一覧画面と実行ダイアログの画面キャプチャを追加しました。 ユーザーは、各パブリッシングの実行状況一覧とパブリッシングの進捗状況を把握する事が可能です。
2016/05/27 第6回PharmaDocユーザー会に、ご出席いただき、ありがとうございました。
お陰様で、多くの方のご出席を賜り、PharmaDocユーザー会を盛況の内に開催する事ができました。 ご出席者様、ご講演者様、協賛いただいたアドビシステムズ株式会社様に厚く御礼を申し上げます。
来年の第7回PharmaDocユーザー会
  • 日時:2017年05月26日(金)
  • 場所:ソラシティ カンファレンスセンター(御茶ノ水)
にて開催させていただく予定です。
来年もお客様のご出席を社員一同お待ち申し上げております。

ユーザー会の様子をHPに掲載しましたので、ご覧いただけると幸いです>>

2016/06/24 レポートパブリッシングサーバー PharmaDoc Publisher4.0の処理速度を測定しました。
レポートパブリッシング処理速度測定結果
  • 5,000ページ  8分38秒(目次ページ数 33ページ PDFファイル容量 264MB)
  • 10,000ページ 20分11秒(目次ページ数 66ページ PDFファイル容量 526MB)
  • 1,000ページ×10ジョブの同時実行処理 15分09秒
      10ジョブの処理開始から、すべてのジョブの処理終了までの処理時間を計測
     (目次ページ数 各17ページ PDFファイル容量 各41MB)
  ※レポートパブリッシング処理速度は、3回の処理速度測定の平均値です。
処理速度測定環境
  • CPU:Intel(R) Xeon(R) CPU 3.40GHz ・実装メモリ(RAM):8.00GB
  • OS:Windows Server 2012 R2 64bit ・Adobe PDF Library
2016/05/11 第6回PharmaDocユーザー会の講演に次の講演が追加となりました。

演  題:  EMC Japan体制紹介とライフサイエンスエディションの紹介
ご講演者: EMC Corporation Pradeep Jandhyala 様
        EMCジャパン株式会社 立川 浩司 様
5月9日現在、64社123名の製薬会社様、SIベンダー様、CRO様のお申し込みをいただいております。
ご出席を希望されるお客様はご出席の登録フォームからのお申し込みをお願いします。
2016/04/28 マスキングツール PharmaDoc Redact1.2をリリースしました。
新機能
  • 1文字のみをマーク
    文字列を選択状態にしてから、先頭あるいは末尾の1文字をマークする機能です。
    マウスでは、文字列の指定が難しい場合や年齢の下一桁をマークしたい場合に利用可能です。
改良点
  • マスキング案の再提出に対応しました。
    見え消しPDFやマスキング一覧案において、訂正箇所を分かり易くしました。ハイライトの色や不透明度を指定できます。
  • マスキング一覧(案)をWord出力するように変更しました。
    タイトルや表タイトルなどの固定された表記は、すべてダイアログで指定可能です。また、複数行をまとめての画面キャプチャを可能にしました。分担執筆にも対応しました。
  • マーク理由を事前に登録可能にしました。
  • マスキングPDFの作成時に、文書プロパティの削除およびリンクの削除を可能にしました。
  • 【日付をマーク】の対応書式を増やしました。
2016/04/20 レポートパブリッシングサーバー PharmaDoc Publisher4.0をリリースしました。
  • VDを指定してのレポートパブリッシングを可能にしました。これにより、レポートパブリッシングパターンを知らないユーザーでも、パブリッシング実行が可能です。
  • レポートパブリッシングエンジンをAdobe PDF Libraryに変更した為レポートパブリッシングの高速化かつ複数のパブリッシングの同時実行を実現しました。
  • 目次およびしおりのプレビュー機能を追加しました。レポートパブリッシング実行前に出来上がりのイメージの確認および編集が可能です。
2016/04/04 レンディションサーバー PharmaDoc Generator3.6 をリリースしました。
  • 画像ファイル(bmp, png, tif, jpg)からのPDFファイル変換機能を追加しました。
  • Acrobat DC 2015に対応しました。
2016/03/22 第6回PharmaDocユーザー会を、アドビシステムズ様の協賛にて開催する運びとなりました。
 ご多忙とは存じますが、是非ご出席賜りますようご案内申し上げます。
  • 開催日時:2016年05月27日(金曜日)
      午前10時00分−午後5時15分 (午前9時40分 受付開始)
  • 開催場所:ソラシティ カンファレンスセンター 2F イースト
       http://solacity.jp/cc/access/index.html
  • 交通:
       JR 中央線・総武線 「御茶ノ水」駅 聖橋口から 徒歩 1 分
       東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水」駅 B2 出口【直結】
       東京メトロ丸ノ内線 「御茶ノ水」駅 出口 1 から 徒歩 4 分
       都営地下鉄 新宿線 「小川町」駅 B3 出口から 徒歩 6 分
  • ご出席費用:無料(事前登録制)
  • 問合せ先:プラネットファーマソリューションズ株式会社 深澤
2016/02/25 クライアント向けレポートパブリッシングツール PharmaDoc ClientPublisher 1.1をリリースしました。
  • Acrobat DC 2015に対応しました。
2016/02/05 eCTD研究会の「第9回セレクト講座」にて、「eCTD仕様におけるPDFフォーマットの基礎知識と PharmaDoc LeafCheckerおよびeCTDSupportersの使い方」の実習を行いました。
日時:2016年2月5日(金) 13:30〜17:00
場所:エーザイ株式会社 101B会議室
2016/01/18 リーフファイル品質チェックツール PharmaDoc LeafChecker 4.3をリリースしました。
  • Acrobat DC 2015に対応しました。
  • メニューバーツールPharmaDoc Quickerを標準バンドルしました。
  • Acrobatの表示言語(日本語、英語)に応じて、メニュー、ツール名、ツールチップの表示言語が切り替わるようにしました。
  • [リンク切れ]チェック項目において、チェック対象フォルダーの外側にある文書への文書間リンクを正しくチェックできるようにしました。
  • コンフィグレーションした設定ファイルをインストーラーでインストールできるようにしました。